Quizletの紹介

今日はKが最近使い始めた「Quizlet」というウェブサイト/アプリの紹介をしたいと思います。

これはウェブとアプリと両方あって、インターネットベースなので両方ともリアルタイムで利用できます。

ウェブサイトはこちら、iTunesのプレビューはこちら

今日はウェブサイトを基本に紹介しますね。

Quizletとは

Quizletはインターネット上で作成できる単語暗記カードです。会員登録すれば無料で使用することができます。グーグルもしくはFacebookのアカウントを既にお持ちの方は会員登録しなくても利用できます。

なんとこのツール、2005年に当時高校2年生だったAndrew Sutherlandさんが作成したそうですよ。いやー、すごいですね!!!尊敬します。

単語カードの作成

Screenshot 2015-10-19 19.29.32

単語カードにタイトルをつけたら、どんどん単語を入れていくのみです。

私は左側に勉強した新しい英単語、右側に日本語の訳語を入力しています。逆もOK。

左側に進出英単語を入力し、一番右側にある虫眼鏡マークをクリックすると大体の日本語訳は出てきます。しっくりこない時はWeblioやAlcで自分で調べます。

マイクのアイコンを押すと素敵な女性の声で発音を確認できます。

今回は、Happier: Can You Learn to Be Happy?の本を半身浴をしながら音読していく中で、「意味がわからない」もしくは「意味があやふや」、「なんとなく意味はわかるけど日本語の訳が思い浮かばない」ような単語などピンクでハイライトし、Quizletに入力していきました。本日、チャプター1の単語を入力しました。

Flashcards 単語カードの確認

単語カードを作成したところで満足していてはいけません!暗記しなければ!

女性の声で単語が読まれますので、頭の中で「緩和する」と日本語訳を考えて、カードをクリックすると…正しい対訳が出てきます。

下部の矢印をクリックして次の単語に進みます。

Learn

一通り単語カードに目を通したら、今度はもっと本格的に単語を身につけます。

Learnというセクションで、英語もしくは日本語がでてきたらその対訳を実際に入力します。

Speller

次はspellingです。

前回のLearnとあまり変わりませんが、お姉さんが発音してくれる英単語を正しいスペルで入力していきます。

Test

単語をきちんと暗記できたかどうかのテストです。

「ライティングテスト」、「マッチングテスト」、「選択肢問題」、「正誤問題」の4つのセクションでそれぞれ5問ずつ問題が出されます。

Scatter

テストが終わったら、ゲームをして楽しみながら英単語を身につけます。

トランプの神経衰弱のようなもので、対になる日本語と英単語をドラッグして合わせることによって広げられたカードをどんどん少なくしていきます。

アラフォーの脳の活性化にも役立ちそうです。

Race

これ、結構むずかしいです!

しっかりと単語を暗記できていないと時間内に答えられなくて、単語が「さよ〜なら〜」な感じでいなくなってしまいます。

まとめ

ということで、これ、一通りやるとすごく力がつくと思います。

まあ、ただ、これを一通りやる時間が一体あるのか?ってな感じではありますが、真剣に勉強したい人には最強ツールだと思います。

あと、上手に対訳を入れないと、うまくクイズにならないことがあったりするから要注意!

スマホにアプリを入れておけば、電車の中で勉強できますし、待ち合わせの時にゲームをしながら時間を潰せます。

私はほんの最近使い始めたばかりなのでまだまだ使いこなせていません。どんどん使い倒して英語のボキャブラリーを増やしたいと思います。で、実際の会話の中にもどんどん使って、Pを驚かせたいです。

私よりもQuizlet歴が長い人もたくさんいると思います。Quizletの楽しみ方で、他にもいい方法をご存知の人はぜひ教えてください⭐️

ちなみに

スマホのアプリはウェブほどメニューは充実していませんが、「Cards」、「Learn」、「Match」の3つがあります。

ということは、アプリには「Speller」、「Test」、「 Scatter」、「Race」がないってことですね。ゲームは「Match」が「 Scatter」と「Race」の代わりのようです。Scatterと通ずるものはありますね。

でも、これで十分役に立つと思います。

 

アプリのフロントページ

IMG_2628

Cards

IMG_2631

Learn

IMG_2629 (1)

Match

IMG_2630

 


ランキングに参加しています。

ブログ更新の励みになります。
応援クリックいただけると嬉しいです!
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ



 

Anecdotally Speaking

Hi, P.

I need your help.  I came across the word “anecdotal” while listening to a podcast.  The sentence was like “it is just anecdotal but…”.

What does it mean and give me some sentences as examples.

Love, K

Hi K,

The word “anecdotal” has become super popular recently.  I know this because, in the past year or so, I’ve seen it pop up in a ton of  blogs and forums around the internet.

Of course, that’s just anecdotal evidence.

When a “fact” or evidence is anecdotal, that means that it is based on limited personal observation, rather than empirical fact or reliable measurements.

For example, on my train ride home tonight, I noticed that, in the part of the car I could see, 8 people were carrying iPhones, while only 1 person was using an Android-based smartphone.  Therefore, I concluded that the iPhone is outselling Android phones 8-to-1 in Japan.

Naturally, this is nonsense because.  Most opinions based on anecdotal observation are.  Heck, the diet industry is almost entirely based on anecdotal evidence.  My friend only eats ice cream and is super-skinny, therefore eating ice cream helps you lose weight, right?  Wrong.  I just have a friend with a really weird metabolism and strange eating habits.

Always remember, just because you see it, it does not mean that it is always true.  It’s just anecdotal.

Love, P


Please take a moment and click to help our blog ranking!

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ