え〜!知らなかった!

wow-1300898_640

先日、ニッポン放送「辛坊治郎 ズームそこまで言うか!」のPodcastを聞いて、「タックス・ヘイブン」は「Tax Heaven」じゃないことを初めてしった生徒1号です。

いや、聞いた時はびっくりしました!

完全に「Tax Heaven」だと今まで思いこんでいましたから(汗)

当然のごとく、パトリック氏に話すと、同じ感動と驚きを共有してくれるはずはなく、「え、知らなかったの?」と斜め上からのお言葉が。くっっっつ。

Havenって単語の存在すら知らんかった…。

Haven

(意味)避難所、安息所、港、停泊所

(用例)Tax Haven : 税金回避地

from Weblio

 

思い込みはいけませんね〜!


ランキングに参加しています。

ブログ更新の励みになります。
応援クリックいただけると嬉しいです!
にほんブログ村 英語ブログへ




 

English Book Club 2回目

books-1141911_640

 

2016年4月13日(水)19:00から英会話教室「ZOEZOE」にて英語でBook Clubの2回目のセッションがありました。

English Book Clubとは?

今回のEnglish Book Clubでは、12回のクラスにわたり「Happier: Can You Learn to Be Happy?」(Tal Ben-Shaha Ph.D 著)を読み込み、その意見や感想を英語で話し会うことで一歩踏み込んだ英語を話す技術を身につけます。

セッション2回目の範囲は「Chapter 2: Reconciling Present and Future」です。著者が打ち出す4つのモデル(The Rat-Race Archetype, The Hedonism Archetype, The Nihilism Archetype, The Happiness Archetype)について話し合いました。

これらのモデルを定義づけるのはPresent Benefit とFuture Benefitです。この2つの要因の程度によってどのタイプになるかがわかります。

私は自分の人生の大半をRat-Racerとして生きてきて、日本人を含む先進国で80年代と90年代に育った人たちはみんなRat-Racerかと思っていたんですが違いました。やっぱり、こういう深い哲学的で価値観に関わるディープな話しはなかなかできないですもんね。

今回はこんな深い話しができてとても面白かったし興味深かったです。自分の価値観を「その他大勢のみなさん」も共有していると勝手に思い込んではいけないなと思えた貴重な回でした。

「幸せ」の価値観って本当に十人十色ですね。

世界のいろんな国の人たちと腹を割ってこんな会話ができたら本当に面白いでしょうね。そして、本当にこんな対話を持つことができたら表面的じゃない世界平和にも近づけるじゃないかとふとで思いました。

だって、今いろんなことが世界で起こっていますが、最終的にはみんな自分なりの方法で自分、家族、友達、同胞、国民が「Happier」になるたることを目標にしているからだと思うんですよね。

次回 English Book Club の宿題
  1. 自分の人生の中で4つの「ハンバーガー・モデル」の全てもしくはいずれかに属していた時の経験について英語で文章を書くこと。
  2. 単語クイズで2回目のセッション中にカバーできなかった単語クイズ(プリント後半部分)をやってくること。
  3. Chapter 3を読んでくること。
  4. Chapter 3に出てくるフレーズ(もしくは別の機会で出会ったフレーズ)で、これから自分の英語の日常会話で自然に言えるようになりたいフレーズを3個前後ピックアップしてくること。
Chapter 2のQuizletまとめました。

Chapter 2」について生徒1号がわからなかった単語をQuizletに収めました。ぜひ覗いてみてくださいね。

 

Quizletに関する詳細の記事はこちら

Chapter 2 – NEW!

ポッドキャスト

授業の内容をポッドキャスト風に録音してみました。編集がガッタガタでめちゃめちゃですが、興味がある人はぜひ聞いてみてください!